All 謝罪→言い訳→責任転嫁→??? 横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズのことを主に、野球について様々な事を書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

謝罪→言い訳→責任転嫁→???

“土産なし会見”星野監督雪辱はWBCで

【北京五輪・野球】4位に終わった日本代表が24日午後、成田着の航空機で帰国した。空港近くのホテルで会見に臨んだ星野仙一監督(61)は、金メダルを期待されながら2大会ぶりのメダルなしの結果に終わったことについて謝罪。また、帰国前の北京では来年3月に開催される第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)での指揮について前向きな姿勢を見せた。

無念の帰国だ。午後7時過ぎ。成田空港の到着口に現れた星野監督は前を見据え、口を真一文字に結んでいた。オールプロで臨み、金メダルを目標にしながらメダルなしの屈辱。会見では謝罪の弁が口をついた。

「期待に応えられずに申し訳ない」。そう話すと、敗戦の全責任を1人で背負った。「五輪は強いものが勝つのではなく、勝ったものが強い。ただ、選手たちは日の丸を背負って必死に食らいついて戦ってくれた。たまたま日本の野球が体調、技術を含め、ベストじゃなかった。そういった責任は監督の私にある」

選手選考の失敗や、采配ミスなどを指摘する声は多い。経験者にしか理解できないという反論もあるが、北京出国前にも「期待させて、期待されて、それを結果では裏切った。批判を受けるのはオレしかいない。それは甘んじて受けますよ」と話した。

だが、このままでは終われない。五輪の野球競技は今回で最後でも、WBCという雪辱の舞台が残されている。北京で完全燃焼するつもりで「これからは若い世代がやっていけばいい」と、これまで世代交代を強調してきたが、帰国直前には「オレが決めることじゃない。まあ最後はオレが決めることだけども、今はそこまで考えられない」と語った。屈辱的な敗戦による心境の変化。「常にチャレンジ、失敗してもまたチャレンジで生きてきた61年。今も反骨心がないとは言えない」と続けた。

第1回WBCではソフトバンクの王監督が指揮を執り世界一に輝いたが、その後、胃がんの全摘出手術を受けて体調面の問題から来年の指揮は困難。12球団関係者の間では水面下で北京五輪に続き、星野監督にWBCも指揮を任せる方向で話が進んでおり、非公式な打診もあった。そんな中で初めて前向きな姿勢を見せたのだ。今後は9月1日のプロ野球実行委員会で今大会の総括とともにWBCの監督人事についても話し合われる。

メジャーリーガーも参加するビッグイベントで、再び闘将がジャパンのユニホームに袖を通すのか。最終決定が注目される。















やっぱりでました。リベンジ!!


さっさとあきらめてくれ。今回は自分の采配と選考にミスがあったと分かっているんだろ?

同じ事を2回も繰り返す気か??もうやめてくれよ。


WBCはお前のものじゃないんだぞ。五輪のリベンジとか私情を持ち込む奴はダメだろ。



審判に対して意味のない抗議をして、それで審判さえも敵に回した。


王さんはあのボブ・デイビットソン(?)にも、会見で直接的な反論はしていないんだぞ。

大人ならやめるべき。


川崎は怪我なのに使われて、疲労骨折。今期は絶望です。どう責任を取るのかな??


そして、、



星野監督「たたくのは時間止まってる人」


北京五輪日本代表の星野仙一監督(61)が24日、帰国した。成田市内のホテルで田淵、山本、大野コーチ、主将の宮本、上原らと会見。あらためて「皆さんの期待にこたえられずに申し訳なく思う。ただ日本は消して弱くない。ベストな状態に持っていけなかった私に責任がある。ここにいる仲間、選手に『申し訳ない』と言わせてしまった私は本当に情けない」と悔しさをにじませた。
 
また帰国前には北京市内の宿舎で総括。「強いものが勝つんじゃなくて、勝ったものが強いんだと感じた大会だった。この9試合が1シーズンに感じた」と振り返った。国民の大きな期待を裏切り、批判にも「ファンに期待をもたせた。でもそれを裏切ったわけだし、それを受けるのはオレ1人だ。こんな幸せなことはない」とも言った。首脳陣や選手を批判する声には、「日本はすぐにたたきにかかる。そんなことをしたら若い人が夢を語れなくなる。たたくのは時間が止まってる人間だろう」とも言い放った。
 
代表監督就任から1年8カ月。「針のむしろだ。失敗して、失敗して、チャレンジするのが、オレの人生だから」。屈辱を胸に秘め、今はどんな批判も一身に受ける覚悟だ。








いや、選手をたたいている人なんてほとんどいないんじゃないか??


岩瀬は打たれまくっていたのに、何度も重要な場面で使う「星野」が明らかに悪いし、

GGもやった事のない守備をさせた「星野」に落ち度があるし、

川上も壮行試合でボコボコだっったのに連れて行った「星野」に責任があるし、、



っと、言う風に「GGが悪い」「岩瀬は何故何度も打たれてるんだ」とか言っている人は野球ファンじゃないですよ。


ただ、日本では野球が注目されているので、ルールしかしらない人が言っているだけです。

そりゃ素人中の素人がGGの落球をみたら、「なにこいつ・・」と思うのは当然ですが・・



そして、言いたいのは、「日本人はあまり叩かないということ」

サッカーで負けて帰って来た選手が射殺される事件もヨーロッパではありました。

北朝鮮のサッカー選手も勝たないと国で大変な事になるという思いで戦っています。


日本人なんて優しい方です。

日本では野球が人気があるから他の競技より負けたときの批判が多いだけです。かんちがいも甚だしい。


こいつはどこの国と比べて言っているのか??




それに、私の場合。


反省していないお前のいい訳・責任転嫁に怒っているだけ。


選手は十分にやったと思う。ただ指揮官がこんな人間だと100が10になり0にさえもなる。


選手を擁護しながら自分を1番に擁護するのはもうやめませんか。



こんな下等手段で自分に悪くないようなイメージを植え付けようとしても無駄ですよ・・・



スポンサーサイト
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bayfan.blog8.fc2.com/tb.php/11-80454f15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。