All おじさんズ & 来るのか??クレメンス?? 横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズのことを主に、野球について様々な事を書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

おじさんズ & 来るのか??クレメンス??

大矢監督が石井、鈴木尚、佐伯、仁志に最後通告


横浜・大矢明彦監督(60)が7日、ハマの“ベテラン・カルテット”に「結果が出なければ(今季で)終わり」と最後通告を行った。あえて石井、鈴木尚、佐伯、仁志の名前を挙げて奮起をうながした。温厚な指揮官が、結果至上主義を鮮明にして、チーム内の競争意識を高める。


第2クール2日目を終え、大矢監督は「ベテランがいいんじゃないか」と切り出した。「佐伯、鈴木尚、石井、それに仁志も含めてだけど、丁寧にバットが振れている」と、4選手の名前を挙げてホメた上で言い切った。「自分たちが1年勝負だというのは分かっていると思う。結果出ないと終わりだからね」ダメなら即引退勧告、とも取れる考えを示した。


監督復帰した昨季は、佐伯(打率・302、16本塁打、67打点)と仁志(137試合出場で・270)の再生に成功。それでも「まだ技術的に極めていけるはず」(弘田ヘッドコーチ)と見ている。108試合出場にとどまった石井、95試合で・232だった鈴木尚は今季がまさに背水シーズン。鈴木尚は「言われなくても分かっている。そのつもりでやっている」と反応。ベテランに火がつけば若手も闘志を燃やす。相乗効果がチーム浮上への原動力になる。
















仁志、石井は故障がなければベンチにいてもらいたい選手。

仁志はまだまだいけそうだし、石井は守備固め、代打でもまだ充分使える。


佐伯は守備があまり良くないが、昨シーズンのような打撃ができるのであれば代打の切り札として使える。


鈴木は、、、復活するしかないだろう。



昨シーズンの仁志、石井、佐伯と鈴木を同じはかりで量られても困るが、4人とも1年1年後がない気持ちでがんばってもらいたいです。







あと、驚いたこの記事。


巨人 クレメンス獲得に動く!?



驚いたことに、巨人があの大リーグの350勝投手クレメンスの獲得に動いている、との情報が太平洋の向こうから流れてきた。「今季絶対日本一」を目指す原巨人のどん欲な補強作戦。ここでも財力がモノをいうのか。

「巨人がクレメンスに狙いを付けたのは見事ですよ。大リーグの球団はもう彼を獲得しないでしょう。でもクレメンスはまだ現役続行にこだわっていますから」

米在住の日本人ジャーナリストはそう語る。この情報のきっかけは「クレメンスが練習を再開したから」だったという。

 ご存知の通り、クレメンスは今、例の“薬物問題”で渦中にいる。「打のボンズ、投のクレメンス」と言われるほどで、全米の関心を集め、法廷闘争は間違いないといわれている。

そんな危険な投手に巨人が手を出しそうだというのである。

「クレメンスの抱えている問題は裁判になるだろうから簡単に結論が出ない。ここがポイント。今年46歳になるクレメンスは現役を続けてもあと2年がやっと。その間に問題の判決は出ないだろう。争っている間は罪にならないから十分投げることはできる」

大リーグ通はそう解説し、さらに「現在のクレメンスならバカ高い年俸は避けられる。球団の言い値で契約できる可能性が高い」と言う。

クレメンスは「商売上手」としても知られる。昨年はヤンキースで投げたが、それもヤンキースが不振で困り果てているときに売り込んだもので、それがシーズン中の劇的な入団劇となった。

「クレメンスはここ何年かいつもそのやり方だった。キャンプもやらずシーズンの途中に契約する。実に効率がいい。だから体を酷使しない。つまりいつまでも投げられるわけですね」(大リーグ関係者)

そのクレメンスが2月とともに練習を始めたというので、大リーグの関係者もファンもびっくりなのである。当然、何か思惑があるからで、その相手がニッポンの巨人だというのがもっぱらのうわさだ。

「大リーグの各球団は薬物問題を理由に、クレメンスとボンズをともに獲得しないと申し合わせていると聞いています。ヤンキースは早々とクレメンスとは契約しないと明言していますからね」とニューヨーク在住のジャーナリスト。

巨人は渡辺恒雄会長が「日本一になれ」と原監督に厳命。「金はいくらでも出す、と原監督に約束したそうです」(担当記者)。ならばと原監督は球団の国際部をフルに使い、米駐在の担当から情報を得ているという。

「クレメンスはレベルの落ちた現在の日本なら十分通用する。10勝は堅い。うまくいけば15勝も可能だ。しかも負け数が少ないだろう。エースになれますよ」(投手出身の評論家)

今シーズンの巨人は不安だった先発陣に上原浩治が戻る。ところが上原に代わる抑えとして獲得したクルーンが「故障持ち」とのうわさ。それが事実なら上原がクローザーに再び戻ることもありうる。そのときのことを考えてのクレメンス獲得らしい。

「キャンプインしてから国内での補強は不可能。米国しかない」(担当記者)。肝心の年俸は“5億円”との声もあるが、果たして巨人の隠し球になるかどうか。














真偽ははっきりしませんが、外国人枠の関係や生え抜きの選手のことを考えると、、私はガセかなって思います。

まぁ、嘘陣は生え抜きの事なんてほとんど考えていませんがね、、、
スポンサーサイト
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bayfan.blog8.fc2.com/tb.php/146-65010ea8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。