All 青い目のサムライ 横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズのことを主に、野球について様々な事を書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

青い目のサムライ

上から横からウィリアムス変幻自在


横浜の新外国人・デーブ・ウィリアムス投手(28)が2日、“8色の変化球”で先発ローテーション入りを強烈にアピールした。1メートル88の長身左腕は、初ブルペンでスリークオーターとサイドの投球フォームからそれぞれ4種類の変化球を披露。少年時代を日本で過ごした異色の“サムライ助っ人”が変幻自在の投法で打者を幻惑する。

投げた瞬間に、ブルペンの周囲からざわめきが起きた。スリークオーターで10球を投げ終えると、次はサイドスローに“変身”。フォームが変わってもカーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップの4種類の変化球を低めに集める制球力は変わらなかった。

44球を投げ終えたウィリアムスは「バッターの構え、特徴を考えて、どの角度から投げるのかを探っている。まだリリースポイントにばらつきがある」と浮かない表情。しかし、中日の佐藤スコアラーは「もう少しスピードは出る。サイドでも制球が良かったら厄介だね」と警戒を口にした。

5人の新外国人の中では最も物静かだが、秘めた闘志は熱い。05年にパイレーツで10勝を挙げた左腕は昨年オフ、メジャー2球団のオファーを断り横浜に入団した。「ウインターミーティング前に横浜から誘われた。その後に他のチームから話が来ても気持ちを貫きたかった」。義理人情に熱い男は日本と不思議な縁で結ばれている。

空軍で働く父親の都合で7歳から約3年半、横田基地に住み、少年野球チーム「横田タイガース」に所属した。「楽しい思い出がたくさんある。駄菓子屋にも通った。カルピスとするめの味が忘れられない」と笑顔で振り返る。今回のキャンプでも「かっぱえびせん」など日本のお菓子を購入。“第2の故郷”の味を堪能した。

ビデオで相手打者の投球を徹底的に研究し、ノートを取る勤勉な姿勢は日本に来ても変わらない。「1年間ケガなく投げ続けたい。横浜に契約しないと言われるまでは他球団にも行くつもりはない」。忠誠心の強い“青い目のサムライ”がローテーションの一角を狙う。















いよいよ来ました。ハマの6人衆の記事。

それも、私が1番押しているデーブ・ウィリアムスです。


以前にも書いていますが変則サウスポー。マットホワイトもそんな感じですが、ウィリアムスの方が球種が少し多いように思います。それに、ウィリアムスは完全な『先発型』です。


他の記事でも、広島のルイス投手、西武のキニー投手がすごい!と書かれていたので例年よりもあたりが多いのか?ただ持ち上げているだけなのか?は分かりませんが、どっちにしろ、、それはオープン戦でほとんどの事が分かると思います。


個人的に早く記事に出てこないかな?と思っている外国人選手は、、やはりラリー・ビグビーですね。どれほどの物か見てみたいです。




阪神タイガースのスコット・アッチンソン投手。横浜に去年いたのは、、


スコット・チアソン投手


是非、このような選手になって下さい(苦笑)




後、フォード外野手。

メジャー32発の右のホームランバッターかと思えば、なんと意外にも中距離砲。フォームはラロッカ似。


岡田監督「実践向きかもしれない」、、、だそうです。

バッティングだけで見抜いた??まだまだ分からないと思いますが、、




ハマの6人衆は半数以上『当たり』でありますように(涙)



スポンサーサイト
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bayfan.blog8.fc2.com/tb.php/153-6e7706c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。