All VER.08 マシンガン打線 横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズのことを主に、野球について様々な事を書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

VER.08 マシンガン打線

横浜、蘇るマシンガン打線


横浜の大矢明彦監督(60)は31日、強力打線復活をキャンプのテーマに掲げた。「ベイスターズが手ごわくなったと思わせたい」と宣言。ビグビーら新外国人2選手のほか、大西や小関ら新加入組にも期待を寄せながら、08年型「マシンガン打線」を作り上げる。

一発よりも連打から得点するパターンをイメージしている。「打力(本塁打)はなくても、つなぐ攻撃力のある、ワンチャンスをものにできる打線」と指揮官。昨季リーグ本塁打王(36本)の村田、2年連続20発以上マークの吉村は心強くても、つなぎの意識を強調。「去年よりは攻撃力がアップしてると思う」と補強効果を見込み、キャンプ期間中の実戦12試合を通じて理想型を練っていく。

沖縄入りした指揮官はこの日、佐々木球団社長、相川選手会長らとともに普天満宮を参拝。必勝祈願とキャンプの無事を祈願した。「(キャンプが)終わるまでに、チームの形を整えたい」と、新たなチーム作りを進めていく。















横浜はここ数年、チャンスはつくれるが点が取れない打線でした。


特に昨シーズン、、大矢監督はバントで進めるのが好みらしく、1アウト2塁や、3塁。また、2塁3塁もよくありました。2アウト3塁などという展開も多かったように思います。


しかし、得点は意外に少なく、1アウト3塁では、外野フライや深めの内野ゴロで充分なのに、三振や3塁ゴロが多く見られました。かといって点が取れないか?といえば、完封された試合は少なく毎試合1点以上は、ほぼ取っていました。


しかし、クリーンアップがチャンスに弱く、下位打線が打つが、投手で抑えられ点が取れない。こういう展開もよくありました。


大矢監督は「ワンチャンスをものにできる打線」にしたいと言っていましたが、昨シーズンはそれが全くできていませんでした。どっちかと言えば「ワンチャンスをものにできない打線」でしたから。



でも今シーズンは、外国人選手(中距離砲)や大西(小関は期待していません)が加入し、新たな組み合わせの打線が生まれると思います。


来シーズンこそ本物のマシンガン打線の復活、それ以上のものを期待しますし、期待できると思います。来シーズンだめなら、波留、弘田両コーチ首でしょうね。



スポンサーサイト
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bayfan.blog8.fc2.com/tb.php/157-6e7d0fdc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。