All 藤川の未来 横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズのことを主に、野球について様々な事を書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

藤川の未来

阪神・藤川 メジャー球団100億円で獲得へ


ついに手が伸びた。阪神のクローザー藤川球児に大リーグから獲得の使者が向けられた。それも複数の球団といわれ、「年俸100億円」の声も聞く。今や日本球界ナンバーワンの守護神・藤川の動きを追うと…。

「大リーグのチームが日本の投手でもっとも注目し、欲しがっているのは阪神の藤川です。速球だけでピンチをしのぐピッチングは、アメリカのファンを熱狂させるでしょう」

大リーグの日本駐在スカウト氏(球団は極秘)はそう語る。

「松坂(西武?レッドソックス)よりも評価は上か?」と尋ねると、「オフコース。松坂は勝ったり負けたりの投手で、とてもエースとしての信頼は得られない。いま、レッドソックスの内部では、松坂に費やした100億円は高すぎたのではないか、と大きな問題になっていると聞く」

つまり、松坂大輔など問題ではない、との高い評価を得ているという。

事情通がそれを裏付ける。

「大リーグ複数球団の藤川への接触はもう始まっている、と関係者は話しています。日本の記者はまだ情報をつかんでいませんけどね…。西海岸のチームが特に熱心なようです。条件も破格で、びっくりする年俸、と藤川サイドは言っていますけどね」

西海岸のチームでもっとも藤川獲得に熱心なのはドジャースと言われている。ドジャースには斎藤隆という抑えがいる。昨シーズンは大活躍したことは承知の通り。それなのに、なぜ?

「ドジャースは斎藤の力に見切りをつけていますよ。ピークは昨年で、もう40歳の体力では限界がある。持って今年1年、と判断しています。フロントの中には、斎藤はシーズン中にダメになる可能性があるから、抑えの手当てをしておけ、という声もあります。つまり、来年は絶対に新しいクローザーが必要である、ということです」(ロサンゼルス在住のジャーナリスト)

実は、この方針の裏には、今シーズンからドジャースの監督に就任したトーリ監督がいる。トーリは昨年までヤンキース監督として一時代を築いた人物として知られる。

トーリもドジャースも日本選手の力を高く評価している。

「トーリはヤンキース時代、松井秀喜を使って日本選手の優秀さをよく知っている。監督批判はしないし、上司に忠実である、とね。ドジャースも野茂以来、それは知っている。トーリは松井秀から藤川のことを聞いていたようです。松井秀の言うことなら、と信じてドジャースにアドバイスしたようです」(大リーグ通)

だからこそ、「年俸100億円でも獲得しろ」という命令がスカウトに出されたのだろう。藤川は大リーグから見ると、非常に攻撃的なマウンドで、大リーグのファンがもっとも好むタイプである。しかもストレート一本やりで打ち取るスタイルは客を呼べるという。

「アメリカ人は西部劇が大好き。それはどんどん向かっていくからで、藤川はそれとダブるようです。確かに藤川にカウボーイハットをかぶらせたら似合いますよ」(阪神担当記者)

大リーグのどの球団が藤川獲りを実現するか分からないが、北京五輪後あたりから動きが始まりそうで、目が離せない。














年棒100億はありえませんが、FAでの移籍と考え、それまで藤川の直球は大丈夫か、肩・肘も大きな故障をしていないか?いろいろなことが考えられます。

それに、球の違いやマウンドの違い(固さ等日本と大きく異なる)もあります。それはWBCや北京予選でも経験していると思いますが、その時はいまいち藤川の調子が良くなかったように思います。

来年、メジャーに行けるのであれば、高額年棒も考えられますが、、FA取得年数の事を考えると、、。ドジャースは上原を狙った方がいいのではありませんか?彼は藤川以上だと私は思います。


藤川の直球に熱狂している人々は日本にもたくさんいます。そのせいで(おかげで)阪神ファン(にわか??)も増えたように思います。敵ながら藤川の直球はすばらしいと思いますし、それを横浜の選手に打ってもらいたいと思います。(昨シーズン終盤、村田が本塁打を打ったように。それから、これも終盤、、藤川をつるべ打ちにしたように、、


しかし、彼を酷使すると上に書いたようにつるべ打ちにされます。すこしの疲労で彼の直球はだめになるのです。それほど、精密な直球を投げているのです。

はっきり言うと、上原は安パイです(抑えとして)彼の直球はあまり知られていませんがあれも藤川レベルのものなのです。彼は昨シーズン、フォークとそれだけで抑えていましたからね。



藤川は回転軸が地面に対して限りなく平行で、回転数が多い。これがあの球のすごさの要因なのですが、もう1つ重要なのはリリースです。どのぐらい前で投げているのか、どのぐらいの高さで投げているのか、、これが重要です。クルーンはこれがあまりよくないで棒玉と言われています。


藤川の直球は凄いものですが同時に脆いものでもあります。私は藤川よりも、上原を勧めます。
スポンサーサイト
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bayfan.blog8.fc2.com/tb.php/172-7b2de450
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。