All 5人目 横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズのことを主に、野球について様々な事を書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

5人目

ビグビーから直接謝罪FAX来た


 横浜は、禁止薬物使用の疑惑が取りざたされていた新外国人のラリー・ビグビー外野手(30)と正式契約を結ぶことを決めた。ビクビーからこの日、直筆メッセージ入りファクスが到着。禁止薬物の使用について「過去に犯した過ちを反省している」と罰則規定ができる前の04年以前に使用した事実を認めた。その上で「ベイスターズが採用してくれるならチームの優勝のため精いっぱい頑張る」と日本でのプレーを望んだ。村上チーム運営部門統括は「抜き打ちの血液検査にも“喜んで協力する”と言っているし、契約する形で考えている」と話した。今後は今月下旬に来日後、正式契約を結ぶ。













これで、新外国人5人の入団が確定的になりました。過去の記事から、、



マットホワイト  投手    左投・右打   182cm/90kg  30歳


昨シーズンの中盤に入団してきた選手。しかも、億万長者だという。数年前に購入した土地から、高価な建築用石材がザクザクと出てきた。 推定総額24億ドル、日本円にして約2976億円のお宝を持っている。

投球内容は、先発の時はコントロールよく投げられていたように思うのだがチーム事情もあるのか中継ぎに代わってから調子が優れず打たれるところが目立った。しかし、シーズン終盤は残留交渉も意識してか中継ぎの役目をきちんと果たしていた。武器はコントロール。しかし、弱点もコントロール。少し安定感に欠ける。

貴重な左腕で、来シーズンは抑えをまかされそう。

                マットホワイト成績



マイクウッド   投手     右投・右打   191cm/100kg   27歳



来シーズン、三浦、寺原に次ぐ先発として期待されている投手。

新外国人投手の条件として
新基準では、1試合平均の四球数を3個以下に制限。加えて先発登板の場合は5回で自責2点、6回以上で自責3点以下の試合が、全体の8割以上という条件をクリアした投手だけをターゲットとしている
と、いうものがあります。

【メジャーリーグ通算成績(5シーズン)】
試合数115、完投0、交代完了17、試合当初39、勝利16、敗北22、セーブ2、
投回数344.0、被安打419、四球125、三振183、失点237、自責点210、防御率5.49
【マイナーリーグ通算(7シーズン)】
試合数93、完投2、交代完了2、試合当初86、勝利48、敗北20、セーブ0、
投回数526.2被安打493、四球121、三振398、失点218、自責点186、防御率3.18

ウッドはコントロールが良いですが(一試合に2、3四死球)防御率が悪いです。その理由は、被安打率の高さです。ウッドの場合1回に1人または2人(マイナー時で計算)出しています。これは非常に悪いです。コントロールは良いのに打たれているのは、リリースが直球と変化球で全然違うとか、きめ球がないというのがあるのかもしれません。ウッドが先発した時はハラハラな試合が多くなるかもしれません。
ピッチング(フォーム)を見ましたが、アメリカの投手って感じのフォームでした。(説明するのは難しいです。)軟投派で、多彩な変化球を持っているそうです。



デーブ・ウィリアズ  投手    左投・左打    192cm/104kg  28歳


【メジャーリーグ通算成績(6シーズン)】
試合数82、先発72、完投1、勝利22、敗北31、セーブ0、投回数408、被安打411
四球165、三振245、失点237、自責点219、防御率4.83
【マイナーリーグ通算成績(8シーズン)】
試合数132、先発110、完投4、勝利46、敗北29、セーブ0、投回数707.1、被安打625
四球183、三振604、失点306、自責点262、防御率3.33


待望の左腕デーブ・ウィリアズ投手はコントロールが良く、その点ではウッドと似ている。最近、横浜が獲得した(ほぼ確定)投手は、クルーンのような速球派ではなく、グライシンガーのような軟球派でコントロールが良い投手だ。

左で、しかも変則投法(スリークぎみのサイド)で、大きなカーブ・スライダーが武器だそうなので中継ぎのほうが向いている気がするのだが、マイナーでもメジャーでもセーブが0なので先発1本なのだろう。


トラビス・ヒューズ  投手    右投・右打    196cm/106kg  29歳


メジャーリーグ通算成績(3シーズン)】
試合数24、先発0、完投0、勝利1、敗北1、セーブ0、投回数25.2、被安打35
四球16、三振16、失点18、自責点18、防御率6.31
【マイナーリーグ通算成績(10シーズン)】
試合数411、先発92、完投4、勝利56、敗北72、セーブ69、投回数983.1、被安打911
四球449、三振929、失点498、自責点402、防御率3.68


横浜の抑え候補ですが、、四球が少し多いのが気になります。先発の時のデーターも混ざっていますから何とも言えませんが、コントロールは良くない方だと思います。ヒューズは今季、レッドソックス傘下3Aで24セーブをマークしたそうです。抑えの経験が豊富そうなので、少し安心しました。どんな投球をするのかまだ分かりませんが、後々、情報提供したいと思います。
>追加、、、150キロを投げる速球派だそうです。





J・Jファーマニアック   内野手   右投・右打   28歳 

【メジャーリーグ通算成績(2シーズン)】
試合数29、打数43、得点8、安打8、二塁打2、三塁打1、本塁打0、
打点2、盗塁0、四死球9、三振12、打率.186
【マイナーリーグ通算成績(8シーズン)】
試合数889、打数3,271、得点514、安打883、二塁打163、三塁打36、本塁打84
打点408、盗塁101、四死球367、三振756、打率.270


ファーマニアクは外野も守れる万能タイプ。今季のメジャー出場は16試合にとどまるも、二塁、三塁、遊撃、左翼、右翼と5つのポジションを守った。打撃も魅力だ。今季3Aの106試合で打率2割9分2厘、15本塁打、51打点を記録した。右方向に打てるパンチ力に加え、49四球と選球眼が良く、3割7分3厘という高出塁率が評価された。21盗塁と快足でもある。(中距離砲)

村田がおそらく北京五輪で抜けるのでその穴埋め役としても期待されています。足は速く(盗塁がうまい)バッティングはどうなるか分からないが、足だけはどこでプレーしても変わらないので、なかなか良い補強だと思います。


ラリー・ビグビー    外野手    左投・左打    30歳


【メジャーリーグ通算成績(7シーズン)】
試合数392、打数1227、得点164、安打328、二塁打56、三塁打4、本塁打31、
打点137、盗塁25、四死球119、三振302、打率.267、出塁率.331、長打率.395
【マイナーリーグ通算成績(9シーズン)】
試合数470、打数1688、得点245、安打493、二塁打106、三塁打16、本塁打27
打点202、盗塁38、四死球212、三振380、打率.292、出塁率.370、長打率.422

長身でスリム。フォームはオープンスタンスでバットは高い位置で持っている。外国人選手によくあるかまえだ。

打撃は昔の(全盛期の)鈴木尚典のような感じで、ホームランをある程度打てて、打率を残す事ができるバッターだ。中長距離砲みたいな感じだ。

しかし、尚典と違うのは守備がうまいという事だ。イチローのコメントにも
「ビグビーは肩が強い」というコメントがある。

メジャーで結構成績を残したバッターなのである程度期待できるように思う。




私は投手では、デーブ・ウィリアムズに期待していますが、マイク、デーブのどちらかが10勝してくれればOKだと思っています。

打者は大砲を獲らずに、守備のできる中距離砲をとりました。まぁ本塁打は、村田と吉村に期待しましょう。ビグビーとJJはキャプラーのようにはなって欲しくないです。(キャプラーは巨人退団後、レッドソックスで9番レギュラーを獲得したそうですが、、)


この外国人選手6人が2009年のシーズンも見られる事を期待します。



スポンサーサイト
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bayfan.blog8.fc2.com/tb.php/187-53d55611
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。