All トレード 横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズのことを主に、野球について様々な事を書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

トレード

燕・藤井が日本ハムへトレード!高田監督“古巣”相手に豪腕


ヤクルト・藤井秀悟投手(30)と日本ハム・川島慶三外野手(24)の交換トレードが両球団の間で合意していることが9日、明らかになった。昨年まで日本ハムでGMを務めていたヤクルト・高田繁監督(62)が、古巣との太いパイプを活用した格好だ。

高田ヤクルトが動いた。野手不足が深刻なヤクルトと、左腕が欲しい日本ハムとの思惑が一致。昨年末から水面下で交渉を続けてきたが、ヤクルトが8日に行った編成会議を経て最終段階を迎え、高田監督の就任後初のトレードが成立する見込みとなった。

ヤクルトは出血覚悟で野手強化に取り組む。放出する藤井は01年に14勝をマークし、リーグ最多勝のタイトルを獲得。同年の日本一に貢献したが、その後は左ひじの故障もあり、不本意なシーズンが続いている。一方の日本ハムは昨年、リーグ連覇を果たしたが、実績のある左腕が不足。そのため、経験豊富な藤井は、のどから手が出るほど欲しい存在だった。

ヤクルトは今オフ、ラミレスが巨人へ移籍。遊撃手の宮本を三塁にコンバートし、遊撃をこなせる外国人の獲得を狙ったが、ここにきて見送らざる得ない状況に陥った。新たな内野強化策として、高田監督がGM時代に獲得し、内外野ともにこなせるユーティリティープレーヤーの川島を交換要員とすることで合意した。

近日中にも正式発表される見込みだが、最後の詰めの交渉で2対2、3対3の複数トレードに発展する可能性もある。

ヤクルトはこれまでファミリー球団と呼ばれ、トレードには消極的だったが、新たに高田監督を迎え、大幅な血の入れ替えを断行。最下位からの再建に心血を注ぐ。











2対2または、2対3ですか、、、そら、川島っていう日ハムの選手の方が将来性はあります。でも、藤井を出しますか、、ちょっと考えられません。1対1ならしゃれになんないですよ。


藤井は実力が全盛期のときより落ちていますが、今年最下位だったヤクルトで7勝しました。ヤクルトは野趣不足が深刻と言っていますが、先発不足も言えるでしょう。増渕は昨年1軍を経験し、好投した試合もあったのである程度期待してもいいですが、加藤や佐藤は1年目から先発で活躍するかもしれません。でもしない方の確率が高いでしょう。特に高卒ルーキーにはそんなに1年目から期待すると酷です。増渕は抑えになるという情報もありましたし、


昨シーズンの最下位の原因は中継ぎ、抑えの不調、実力のなさと先発の駒不足だったように思います。打線はそれなりに機能してたと思います。


ラミレスが抜けるのはきついですが、エースをやすやすと1軍経験の少ない若手とトレードは考えられません。


来シーズン、広島が5位になる可能性が急上昇です。

ヤクルトは3、4年後を見ているのでしょうか??別にいいのですが、来シーズンこの戦力で大丈夫ですか??
スポンサーサイト
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bayfan.blog8.fc2.com/tb.php/192-2f7445dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。