All 今年の大矢采配のすべて 横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズのことを主に、野球について様々な事を書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

今年の大矢采配のすべて

ウィリアムス選手のコメント

「今日の調子は悪くなかったのですが、3イニングのあまりにも早い降板に言葉がありません」



この言葉が全てでしょう。立ち直って来たウィリアムスをわずか3回で代えた。

今年の大矢を象徴するかのような言葉。

「先発」なんだから54球で降ろすなよ。

3点を失いはしましたが自責は1。

先ほども言いましたが、、序盤に3、4失点した場合はめどをつけてもらいたい。


それが5回なのか100球までなのか、いろいろなことが考えられますが3回54球で代えられたらウィリアムスが不思議に思うのもしかたない。



4回に代打呉本を出した。大矢はここで勝負と思ったのでしょう。しかし、回はあと6回もある(9回で勝っている場合)あまりにも勝負をかけるのが早すぎる。

同点に追いついたのだから、仕切り直しと思えば良かった。


ただ、続投させて打たれても批判はあったと思う。

しかし、ウィリアムスにとっては不憫だ。





そして、最近大矢はこのような言葉を放った。

「石井裕は最近投げてなかったので2回大丈夫と思った。」


これが、先日の巨人戦での1アウト満塁での代打なしの真相です。


私的にはここで代打を出さない監督がなぜウィリアムスの場合では出したのか??理解しがたい。

解説者も全員「??」でした。私にも大矢の思考がさっぱり分からない。こここそが相手を突き放すことができる「勝負」をかける場面だと思うのですが・・


この言葉にはもう1つの意味が考えられます。


大矢は酷使の基準が高い。


以前からそうとはほとんどの人は分かっていたともいます。ですがこのような言葉が大矢の口から出るとはね・・・


石井裕は横浜の中では酷使されてない部類ですが、他球団の中継ぎと比べると、まぁ平均並みです。

まぁ、前半戦は中日で2軍にいたので「蓄積疲労」に関しては少ないですが、落合が連投をさけていたほどあまり身体が強くない。


まぁ、石井は抑えてくれましたが8回は7回と違って別人の投球をしていた。


8回は捕手が武山だったんですね(苦笑)



大矢は投手をどう考えているのだろうか?だれか核心を突いた取材してくれないだろうか??
スポンサーサイト
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bayfan.blog8.fc2.com/tb.php/20-cfd6f0e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。