All 二刀流?? 横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズのことを主に、野球について様々な事を書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

二刀流??

日本ハム・中田、プロでも二刀流!?梨田監督「投手やらせたい」


中田が投手!? 日本ハム・梨田昌孝監督(54)が3日、大阪市阿倍野区の近鉄百貨店で行われたトークショーに出席。高校生ドラフト1巡目ルーキーの中田翔選手(18)=大阪桐蔭、写真=について、「マウンドに上げるかもしれない」と二刀流プランをブチ上げた。

新年早々、仰天構想が飛び出した。中田の二刀流。今度は球団サイド(別項)ではない。梨田監督だ。

「交流戦ではマウンドに上げるかもしれない。投げても3分の1(回)だけど。三塁や一塁から右のワンポイントで投げる可能性はある」
 
指揮官はすでに中田の春季キャンプ(沖縄・名護)一軍スタートを明言。基本的には三塁または一塁手として育成する方針を固めているが、さらに条件さえ整えば投手として起用するプランを明かした。

「(シーズンの)大きなウエートをしめる」と交流戦を重要視する梨田監督。DH制のないセ・リーグ本拠地の試合では、もつれ込んだときに備えて、打力を低下させない状態で投手陣のコマを温存しておきたいところ。そこで中田のワンポイント起用だ。
 
「(いい素材なのだから)使うときは使う。ブルペンに入らなくても、普段からキャッチボールと遠投をしっかりやっていれば十分」。“中田投手”の実力を買っている。高校時代は、通算87発の最多本塁打記録を作ったバットに注目が集まったが、投げても最速151キロの剛腕。中田も昨夏の大阪大会決勝で敗れた際「プロでは投手と打者の両方でいきたい」と決意表明をしたほどだ。
 
「若い選手はいいところをどんどん伸ばしてあげたい」と梨田監督。決して新年のリップサービスではない。ここまでの舞台を用意するから、期待に応えられるように頑張れというエール。そう、新監督から黄金ルーキーへの粋な“お年玉”だった。









中田の投球は金光大阪?との予選決勝戦で見たのですが、制球は悪いですが、スピードが速く、なかなかの投球でした。

しかし、あの体、、投手と野手とでは筋肉の付け方が違います。腕に筋肉が着きすぎると腕を振るときに邪魔になります。他にも色々ありますが。

スピードは出ますが、変化球のキレや球の制球について考えてみると投手としては無理でしょう。


あの室伏は始球式で130キロ台出してましたからね。



昔、新庄がオープン戦で投手をやっていましたが、直球も速くて、スライダーなんか投げて、巨人打線(確かそうだったような、、)を抑えていました。


新庄は外野手で、筋肉も中田のようにがっちりついておらず細身だったからあのような投球ができたのかもしれません。(you-tubeにありました。)



梨田監督は中田にとても期待してるようですが、球界を代表するスラッガーに育てて欲しいです。

スポンサーサイト
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bayfan.blog8.fc2.com/tb.php/205-6ac528c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。