All 岡田の発言 横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズのことを主に、野球について様々な事を書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

岡田の発言

久保田「先発やらせろ」…岡田監督に“反旗”



阪神・久保田智之投手(26)が27日、中継ぎ投手の待遇に不満を爆発。ついに岡田彰布監督(50)にかみついた。同投手が前日(26日)来季の登板減を希望したことを伝え聞いた指揮官がこの日、家族旅行先のハワイで「(登板数が多くないと)給料は上がらんぞ」と言及すると、久保田は自主トレを行っていた甲子園で猛烈に反論。「それなら先発をやらせてくれ」と先発転向を要求した。以前から先発願望が強かったシーズン最多登板右腕が、年の瀬に“爆弾”を投下した。

久保田が口をとがらせ、こらえていた不満を爆発させた。「たくさん投げなきゃいけないと言うのなら、先発をやらせてくれ、と言いたい」と岡田監督の意向に反論し、強硬に先発転向を要求した。

発端は前日(26日)の発言。JFKの一角を担う右腕が「50試合以上投げたいという気持ちはない」と登板減を希望した。今季は90試合に登板し、プロ野球シーズン最多記録を樹立したが、登板過多は明らか。強力な救援トリオに頼りすぎた先発陣、攻撃陣の奮起を願ってのコメントだった。

ところが、これを伝え聞いた岡田監督が、家族旅行先の米国ハワイで「そんなことを言ってたら、ウチ(の球団)じゃあ、給料が上がらんぞ」とやり返した。岡田構想は来季も久保田がセットアッパーで、フル回転を期待している、という意味での、独特の岡田節だった。

しかし、海を越えてのやりとりでは、久保田に真意が伝わらなかった。「(登板数だけでなく)1試合1試合の内容を評価してほしいんです。中継ぎの評価がこんなのだから、先発をやりたいと言うんですよ」と言い放った。

久保田は05年以降、リリーフ専任となっているが、先発希望を公言してきた。岡田監督は、球種が少ないことなどから、リリーフが最適と判断してきたが、久保田本人はまだ納得していない。4日の契約交渉で、倍増の1億1000万円を保留。3倍増と先発転向を突きつけ、越年が決定している。

球団の評価に不満を募らせていたところに、今度は現場トップである指揮官の発言にも反発。岡田阪神が大きな不安材料を抱えたまま、年を越すことになった。

球団側は静観…起用法は現場で 久保田の起用法について、球団側は静観する構えを見せた。沼沢球団本部長は「起用法に関しては、フロントが口を挟むことはない」と、あくまで現場サイドで解決する問題だとの考えを強調。サインを保留している契約更改交渉についても「代理人と話はしているが、来年になる」と、契約は年越しとなる見込みだ。







私は以前から岡田が大大大きらいです。


この記事はある方々のブログを見て書こうと思ったのですが、



これから、岡田の珍発言、珍行動をとりあげたいと思います。



「東のメチャクチャなことをするチームに勝って優勝する」

=新井、金本、グライシンガー獲得への動き、同、ウッズ、、同、黒田。お前らも同じようなことやってるぞ。自分らのことを棚に上げるな。



「阪神監督の平均寿命は2・5年と言われていますが、私は来年で倍の5年になります。身体が心配ですが、1年間乗り切れるよう頑張っていきます」

=なぜあんな監督が4年もやってこれたか、、それは、星野が残した選手と、岡田が球団の犬(言うことを聞く「遵守」)だから。


「50試合くらい? それでは、ウチだと給料が上がらへんけどな」

=50試合今年のような成績で久保田の年棒アップしないなら、久保田、、横浜に来なさい。岡田は本当に無責任。年棒を決めるのはあなたじゃないですよ。


「鳥谷はフル出場させる」

=乱交事件の後のコメント、、鳥谷は岡田の大学の後輩。もう、あきれてものが言えない。


「野手が打てんけんしょうがない。」

=お前の仕事はなんだよ。指導のできない監督って、、。


「優勝も含めて、3年連続Aクラス。長い期間、乗り切れるチームになってきた。」

=JFKの酷使でね。乗り切るという言葉の選択は正解。


「渡辺にナックル投げさせろ。あれがなかったら、1軍では活躍できん」

=ナックルなしで、1軍で大活躍。岡田見る目がまったくない。





采配は、06の牛島なみ。JFKがいなければやばかった。

指導力、ほぼ0。それは岡田が天才だったのが原因かもしれないが、野手にはうまく伝わっていない。

無責任。球団には強い事は言えない。







まぁ、岡田をかばう訳ではないですが、久保田は正直JFKの中でダントツに安定感がなかった。


何十試合も、藤川、ジェフに尻拭いしてもらっていた。

もし、藤川、ジェフがいなければ、久保田の防御率は、3点台後半になっていただろう。


試合数を投げた事は認めるが、実力はそんなにない。


以上。


スポンサーサイト
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bayfan.blog8.fc2.com/tb.php/225-3239aa93
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。