All 巨人 横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズのことを主に、野球について様々な事を書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

巨人

木佐貫 グライシンガーに挑戦状


  巨人の木佐貫洋投手(27)が11日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2700万円増の年俸5600万円でサイン。同日、球団が獲得を発表したグライシンガーに挑戦状を叩きつけた。

 会見後に最多勝腕の獲得が発表されると目の色が変わった。木佐貫にとっては同じ右腕。先発を争うライバルとなるだけに「正直複雑だし、負けたくない気持ちはある。ここからが勝負」と意気込んだ。今季は入団1年目、03年以来の2ケタ勝利となる自身最多の12勝。ここ数年悩まされた右肩痛から復活を遂げ、高橋尚、内海と3本柱を形成した。だが来季は今季守護神を務めた上原が先発復帰。グライシンガー加入で「(先発の)イスがどんどん減っている。そのイスを獲らないと」。そのために大きな目標も掲げた。20勝と200イニング登板、さらに完投数も今季の0から一気に10を目標にした。現在は新球カーブを本格的に習得中。フォークに頼った投球から「切れのいい真っすぐでグイグイ押していきたい」とパワー投球を誓った。




実力のあるグライシンガーがや上原が入ってくると、先発陣にはいい刺激になると思います。

ラミレスが入ると外野陣もがんばらないといけなくなるでしょう。


しかし、若手選手はどういうポテンシャルで試合に臨めば良いのでしょうか?木佐貫とグライ、、実力はそんなにかけ離れていません。しかし、2軍でがんばっている投手はどうなのでしょう。

「俺、がんばっても1軍で先発できるわけないなぁ」

と、思ってしまうのではないでしょうか?

2軍で地道にがんばってる選手は何を目標にしていいのか分からなくなりますし、もちろん1軍に行く事が難しくなります。




巨人の1軍の層は間違いなく厚くなっています。(厚すぎる)

2軍も優勝しました。しかしこれは良い事ではありません。


まず殆どの選手が2軍から始まります。

そして、2軍で成績を残し、1,5軍となるのです。

その1,5軍の選手が1軍を経験し、だんだんと1軍に定着するようになり、やがてはレギュラー争いに参加するようになり、そこで初めて1軍の選手になります。

巨人の2軍には1,5軍の選手が多いだけです。

多分2軍の監督やコーチも

「こいつ1軍でやらしていったら2,3年後には活躍するだろうな。」

と、思っている選手が何人かいると思います。

そんな選手も1軍を経験できず全盛期がすぎ、しぼんでいく。となってしまうのです。


余談ですが、クルーンもグライも横浜、ヤクルトが提示した額より低いあるいは同じで巨人に入っています。クルーンについてはネット上でタンバリング疑惑まで浮上してきています。(若干の証拠あり。)


巨人は悲しい球団ですよ。



野球愛ランキング   <クリック・プリーズ
スポンサーサイト
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bayfan.blog8.fc2.com/tb.php/264-a1a364c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。