All 星野JAPAN 韓国 横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズのことを主に、野球について様々な事を書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

星野JAPAN 韓国

星野JAPAN北京五輪出場に王手…アジア選手権第2戦


◆北京五輪予選兼野球アジア選手権 韓国3―4日本(2日、台中・洲際野球場) 星野JAPANが北京五輪出場に王手をかけた。国際ルールの盲点を突いて先発メンバーを発表後、大幅に変更した宿敵・韓国の揺さぶりに耐え、貴重な勝利。星野監督は、成瀬を奇襲先発させ、川上を4回2死二塁のピンチで投入。3番手の岩瀬を信じて2回1/3イニング引っ張って最後は上原と執念の継投が見事に決まり接戦をものにした。8回には荒木の代走、井端の代打バントで稲葉の適時打を導くなど、攻守での積極采配が光った。3日の台湾戦に勝てば、全勝で五輪切符を手にする。

 胸の鼓動が聞こえてきた。星野監督は感激で言葉が続かない。「この試合にかけていた。めちゃくちゃ重い勝利です」宿敵の韓国を接戦で退け、北京五輪の出場が手に届くところまで来た。

 目の色を変えて闘将がベンチを飛び出した。試合開始直前、発表された柳済国ではなく左腕の田炳浩がマウンドで投球練習していた。審判団に理由を問いただしたが、覆らない。「監督会議で紳士協定を結んだのに、1時間前のメンバーと変わっていた。大きな会議で決めたのに、なぜこうなるのか。あれで絶対に負けられんと思った」持ち前の闘志に火がついた。

 事実上の決勝戦で、積極的なタクトを振るった。ダルビッシュと見られていた予想を覆し、先発マウンドに送り出したのは左腕の成瀬。「きのうは涌井、きょうは成瀬、あすはダルビッシュ。若い3人、日本野球を背負っていく男たちに託しました」。初回、高永民に先制アーチを浴びても、腕を組んだまま我慢した。

 「静」から「動」にシフトチェンジしたのは、中盤の4回だった。成瀬が2点目を失い、なおも2死二塁で川上にスイッチ。韓国の反撃を断った。「選手は我々を信じ、我々は選手を信じた」。岩瀬、上原につなぐ継投に加え、ハイライトは8回の攻撃だった。

 一塁ベンチで闘将の声が響いた。「死にもの狂いで点を取れ!」ドスの利いた声が、勝利への号砲となった。阿部が右中間二塁打で出塁すると「代走・荒木」をコール。代打・井端が犠打を決めると、一塁ベンチ前で緊張していた稲葉の右肩をもみほぐすように抱き、耳打ちした。「思い切っていけ」。阪神監督時代の2003年9月15日、広島戦。9回に赤星を抱き寄せてサヨナラ打を生んだ儀式を再現した。監督の言葉に触発されたパの首位打者は「監督に気合を入れてもらいました」と右前適時打で応えた。

 台湾戦に勝てば、念願の五輪出場が決まる。「あすも大きな試合が待っていますから」試合後の会見ではダルビッシュの先発を予告してしまったほど、興奮と感激は大きかった。あと白星ひとつ。闘将は悲願の金メダルを狙う舞台へ、最初の難関を突破した。





星野ジャパン、、宿敵韓国に勝ちました。が、最初は本当にどうなるかと思いました。
韓国の先発がメンバー表の投手と違い、打順も違う。そんな中、成瀬が韓国の2番に本塁打を許してしまう。私はもう今日はだめかなと思いかけました。
しかし、監督はあれで「絶対に負けられん」と思ったそうです。多分、選手のみなさんも驚いたでしょうが、落ち着いていました。

2回、好調、新井が2塁打を放つと、阿部がなんとか進塁打を打ち、不調な村田は焦って引っ張ってしまい、サードゴロ。3塁ランナーをホームにかえす事ができません。それでも、次の稲葉がじっくり球を見て四球。そして、サブローのタイムリー。なお1塁2塁から森野の放った打球がセカンドのエラーを誘い2点目。
これが非常に良かったですね。とられた後に、とり返し、追い越しました。

しかし、韓国には正々堂々と、戦って欲しかったです。韓国と日本の野球レベルはもうほとんど差がありません。なのに、奇襲みたいな事をしてきて、日本を揺さぶろうとしてきました。まぁ、国際試合の盲点をついてきたみたいですが、逆に星野監督の逆鱗に触れてしまい、負けてしまうという韓国代表にとって1番悲しい結果になってしまいました。

国際試合の盲点をついてきたといううことが本当なのであれば、星野ジャパンの方々に問題もあると思います。もしこれで星野ジャパンが負けていれば大暴動がおこってもおかしくないように思います。結果、勝ったのでいいですが、星野ジャパンの方々にはルールをきちんと確認して、そのルールの裏側をしっかり見て欲しいと思います。

スポンサーサイト
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bayfan.blog8.fc2.com/tb.php/286-c3405342
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。