All ヤクルト 横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズのことを主に、野球について様々な事を書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

ヤクルト

ヤクルト、韓国の150キロ新ストッパー獲りへ


ヤクルトが韓国・サムスンの林昌勇(イム・チャンヨン)投手(31)の獲得に乗り出していることが1日、わかった。入団交渉は順調で、早ければ今週中に入団が発表される。

 今季リーグ5位のチーム防御率(4.07)に沈み、投手陣の再建が急務のヤクルトが、韓国のサイドスロー右腕をキーマンに指名した。林は150キロ近い直球を武器にする救援投手で、00年シドニー五輪では韓国代表のセットアッパーとして、銅メダルを獲得。06年の韓国シリーズ優勝にも貢献した。今季は40試合に登板し、5勝7敗、防御率4.90だった。

 ヤクルトは今季チーム最多の13セーブを挙げた高津が退団し、05年に37セーブの左腕・石井弘も手術した左肩の回復のメドが立たない状況。右ひじ手術のリハビリ明けの五十嵐の復活が期待できるとはいえ、救援陣強化は不可欠。そのため9月に奥村国際部課長らが渡韓して、林の調査を行っていた。

高田監督も「リリーフの整備が、このチームのポイント。競争させて一番いいやつを決める」と話しており、春季キャンプの出来次第では林がストッパーに指名される可能性もある。

■林昌勇(イム・チャンヨン) 1976年6月4日、韓国・光州生まれ、31歳。光州眞興高から95年にヘテ入団。98年に34セーブ(8勝)を挙げて最優秀救援投手に輝く。99年にサムスンに移籍し、防御率2.14で最優秀防御率のタイトルを獲得。03年アテネ五輪アジア予選でも韓国代表として、台湾戦と日本戦に2番手で登板している。通算で534試合登板、104勝66敗168S、防御率3.25。1メートル80、75キロ。右投げ右打ち。



あまり知らない投手なのだが、昨シーズンの成績があまりにも悪すぎるような気がする。(40試合に登板し、5勝7敗、防御率4.90。)
日本人選手の場合、FAをする前年の成績が悪い事はよくある事だが(特に投手)韓国の選手もそうなのだろうか??早熟な選手で、もう峠を過ぎているような感じもするのだが、、、。

しかし、サイドスローで150キロを投げるのは魅力的だ。横浜の加藤でも140キロ後半の急速なのだが、もしそれが本当で、シンカーなど一つ武器になる変化球があるとすればある程度の活躍が期待できるだろう。

中継ぎ(抑え)の計算できる投手がほとんどいないヤクルトにとっては、まだ1、2人ぐらい実績のある中継ぎ投手を獲得するべきだろう。
スポンサーサイト
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bayfan.blog8.fc2.com/tb.php/288-6fb7f04a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。