All #14 小林太志 横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズのことを主に、野球について様々な事を書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

#14 小林太志

【投球回】   128 2/3             【被打率】   .277   

【防御率】   4.41                【被打率右】  .277

【勝利】    6勝                 【被打率左】  .277

【敗北】    5勝                 【奪三振率】  4.83

【完投】    1                  【与四球率】  約3

【被本塁打】  19                  【QS率】   43%

【セーブ】   1             【9回あたりの打者数】   39.1人

【暴投】    0           【四球1個あたりの奪三振】  1.6奪三振

【ボーク】   0                 【被本塁打率】  1.32
   
                          【GSc】     2
                   
                          【whip】     1.39





ーー 評価 ーー

08年のシーズンは新人ながらも、ほぼ1シーズンローテを守りました。

7/16日のカープ戦では2塁を踏ませないパーフェクトな投球で完封。

ただ、ヤクルト戦では1アウトを取った後に危険球で退場。安定はしていませんでした(苦笑)

上の統計を説明致しますと、左側が一般的によく見るもので、、右側が調べるのに時間がかかったものです(苦笑)


防御率は悪いのですが、被打率がそこまで悪くありません。ただ、与四球が多く【与出塁率】が.350程度あったように思います。

QS率とは「試合をつくる割合」的な物で、6回以上投げて3失点までに抑えれば1QS。それを先発登板で割ればいいのです。

メジャーでは割と有名なもので、日本にもだんだん知られてきました。

先発壊滅状態の横浜にとってみればいい数字。
まぁ、でも大矢監督は調子のいいとき以外は長く引っ張りませんからね。


ハマスタ本拠地ですが被本塁打率も低く、最低限の制球さえ安定すれば、、、という感じですかね。

【whip】は1.39と微妙な数字(低い方がいい)他球団で先発ギリギリ合格ライン。やはり制球ですね。

「GSc」についてですが、「数値が高い方がいい、先発投手限定評価」なのですが、計算がややこしくまだ、小林しかやってないため善し悪しが分かりません。これから調べて行きたいと思います。

スポンサーサイト
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bayfan.blog8.fc2.com/tb.php/308-085d70ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。