All 野球 横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズFAN 改

横浜ベイスターズのことを主に、野球について様々な事を書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

三浦残留決定!!

FA三浦が横浜残留、やっぱりハマの番長


横浜からフリーエージェント(FA)宣言していた三浦大輔投手(34)が、横浜に残留することを決意したことが29日、分かった。30日午後、横浜市内の球団事務所で会見を開き、表明する。

一時は阪神移籍へ気持ちが動いた時期もあったが、悩んだ中で、最後は横浜残留を決心した。

三浦は今月17日、「年齢的にも他球団の話を聞けるチャンスは最後」として、移籍も視野にFA宣言した。20日に他球団との交渉が解禁されると、阪神の猛アタックを受けた。即日に行われた1回目の交渉では、3年総額12億円という好条件を提示された。さらに中1日を挟み、22日にも大阪で2回目の交渉。高校まで関西で過ごした三浦にとって、甲子園はあこがれの地。移籍に気持ちが傾いた。

しかし、23日に横浜スタジアムで行われたファン感謝デーなどを経る中で熟考を重ね、最終的には、17年間在籍した横浜への愛着が勝ったとみられる。ファン感謝デーでは、来季の新ユニホームに身を包んだ。2万2000人のファンと触れ合う中で「阪神に行かないでくれ!」「三浦さんにはブルーのユニホームが似合う!」という声も飛んだ。26日からは、2泊3日の選手会行事に参加した。FAに関する話題はほとんど出なかったが、チームメートの思いは痛いほど感じた。

球団幹部も喜びを隠せなかった。村上チーム運営部門統括は「(残留を)本人の口から聞いた上でコメントしたい」と前置きしたが、「ありがたいね」と笑顔だった。三浦は「(30日は)今まで考えてきたことを、しっかり決めて伝える日だと思う」と話しており、30日、自らの口でその思いを話す。






三浦の横浜残留が決まりました。
三浦本人のブログも更新していて、残留報告をしています。

今年は4完投したものの、7勝10敗と負け数が多く、怪我でチームに迷惑をかけました。
しかし今年の横浜に三浦よりもまともな先発投手はおらず、フロントは残留を熱望していました。

4年10億円の契約になるそうですが、異例の大型契約。
「この金額を出して正解だった。」と思わせてくれる成績を期待しましょう。


そしてなによりも、村田にはこの三浦の姿勢を見習ってほしい。
「強きを挫き弱気を助ける」のが、番長であり「男」ですよ。
まぁ、いつまでもベイスターズが弱いままではいけないのですが・・・


とにかくよかったです。





人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

第2回トライアウト

参加選手は・・・




【投手】
姜建銘(巨人)/加登脇卓真(巨人)/鈴木誠(巨人)/深町亮介(巨人)/正田樹(阪神)/伊予野貴照(阪神)/ユウキ(オリックス)/野村宏之(元オリックス)/鳥谷部健一(元中日)/佐藤宏志(楽天)/川頭秀人(ソフトバンク)/大西正樹(ソフトバンク)/山村路直(ソフトバンク)/竹岡和宏(ソフトバンク)/田中良平(ロッテ)/三島輝史(ロッテ)/


【捕手】
大野隆治(元ソフトバンク)


【内野手】
中本和希(元オリックス)/吉良俊則(オリックス)/吉岡雄二(楽天)/山下勝己(楽天)


【外野手】
梅田浩(巨人)/山本光将(巨人)/平下晃司(オリックス)/森谷昭仁(楽天)







正田・竹岡・ユウキは獲得を検討してもいいと思います。

他球団ではクビになりましたが、横浜に関しては「投手」自体足りないのが現状。
ユウキは中々よかったようだし、その他の投手も山北等よりも活躍するんじゃないか??

野手にはそんなに欲しいと思う選手はいませんが、投手は獲るべき。
FAで何にもできなかったんだから、せめてトライアウトぐらいは積極的にいかないと。


「お金をかける」はずですよね。











人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

相川 メジャー挑戦失敗?




オファーなし…どうする相川 残るはヤクルトしか…


メジャー移籍を目指し、横浜からFA宣言した相川が年内に結論を出す意向を示した。
横浜スタジアムで現在メジャー契約でのオファーがないことを明かし、「代理人とメジャー契約でプレーするところを探している」。国内ではヤクルトが獲得に乗り出しているが「興味があると言ってくれた。年内には身の振り方を決めたい」と語った。

また、三浦は「もう少し待ってほしい」と神妙な表情。30日に横浜市内で会見を開き、横浜残留か阪神移籍の決断を下す。





やはり、メジャー挑戦は失敗に終わったようです。
最近のメジャーでは、バッティング優先なのでまぁ妥当でしょう。


横浜側は以前に獲らないといっていたのでヤクルトへの移籍が濃厚。
ということで、ヤクルトのプロテクトを考えてみました・・・






プロテクト28名予想
【投手】 
由規 佐藤 松井 高市 加藤 川島 村中 石川 松岡 館山 岡本
高井 吉川 押本 増渕 五十嵐  

【捕手】 
川本 福川

【内野手】
川島 田中 畠山 川端  宮本

【外野手】 
青木 飯原 福地 武内 ユウイチ  



プロテクト枠外
【投手】 
花田 鎌田 高木 石井 橋本 西崎 木田 萩原 丸山 山本 山田

【捕手】 
米野 水野  衣川

【内野】 
梶本 城石 野口 三輪 大塚  鬼崎

【外野】
志田 中尾 宮出 牧谷 上田 斉藤






どうでしょうか?

問題は、全く活躍していない「石井弘寿」をどうするか。
わたしは枠外と予想しましたが、枠内なのであれば「吉川」「ユウイチ」あたりが漏れるかも。

しかし、良い投手があまりいない・・
やっぱり、ソフトバンクが獲ってくれないかなぁ・・・






人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

ベイスターズ Good&Bad 試合 ?後編?

では、もう早速いきましょう。


Bad試合



4/27 広島戦 3-1
勝ちはしましたが、寺原抑え転向が決まった日。これで今シーズンは終わってしまいましたね。


文5/15 巨人戦 2-3
三浦をスイッチして、吉見・横山が打たれて負けた試合。
大矢監督の理解不能な継投があらわになった。
三浦もこの試合が尾を引いているのではないでしょうか・・


5/28 福岡戦 2-6
三浦が投手のガトームソンに被弾。完全に持って行かれました。


5/29 福岡戦 5-6
小林が投手の大隣に被弾。この北九州シリーズは悪夢そのものでした。
だいたい、横浜のホーム試合なのに九州って・・・


6/11 檻牛 5-6
8回と9回に3点取られてサヨナラ負け。なんかむなしかったのを覚えています。
だって、8回表までは5-0で余裕で勝ってたんですよ。
この試合ぐらいから、何点あっても安心できなくなりました。


6/17 千葉 1-14
2軍から上がってきた、ホープの秦もボッコボッコに打たれ精神的にもやられました。


7/06 阪神 7-8  WORST
あの、寺原の悲劇は一生忘れないだろう。
あの、金本のホームランも一生忘れないだろう。
あの、相川の配球も一生忘れないだろう。






今回は動画はありません。 
やはり、7/06がひどいですね。完全に勝ったとおもってましたから。
まだまだひどい試合もあると思いますが、あまりにも多いのでこれだけに厳選しました。
まとめて思ったのですが、シーズン前半はひどかったですね・・・




人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

MAX152キロ左腕 レス・ウォルロンド獲得

横浜が最速152キロ左腕ウォルロンド獲得




投手力補強を今オフの最重要課題としていた横浜が、ブルージェイズの本格左腕、レス・ウォルロンド投手(32)と契約合意に達していたことが22日、分かった。メジャー経験こそ乏しいが、肩のスタミナに定評があり、完投能力の高い最速152キロ左腕。先発の柱、通算124勝の三浦がFA宣言して移籍が確実とみられる中、ローテーションの一角を担う投手を補強した。

懸案だった先発の駒不足解消へ、横浜が投手補強の第1弾に動いた。本格左腕のウォルロンドの今季は、カブス、フィリーズ傘下の3Aに所属。マイナー通算28試合に登板し6勝9敗、防御率3・61の結果を残した。8月には、今季ワールドチャンピオンの座に上りつめたフィリーズでメジャー昇格も果たした逸材だ。

メジャー通算成績は、23試合1勝4敗、防御率7・07だが、大学時代まで外野手だったこともあり、メジャー関係者の間でも「30代になってようやく頭角を現し始めた本格派」と、評価されていた存在だった。

今年7月6日、フィリーズ傘下の3Aリハイバレーでは、リーグの今季最多17奪三振をマークした。メジャー昇格後はチーム事情から中継ぎも務めたが、最速152キロのパワー投手で、縦のカーブ、スライダーの制球にも定評がある。先発ローテーション投手が不足する横浜には、うってつけの補強戦力といえる。

通算124勝をもたらしたエース三浦は、FA宣言して阪神との移籍交渉に臨んでいる。現時点でローテーション入りが確定しているのは、昨季のクローザーから転向する寺原のみ。来季2年目となる小林、桑原謙らの若手に頼らざるを得ない厳しい状況だ。横浜にしてみれば、投手力の補強は三浦の去就にかかわらず敢行しなければならない最重要課題。今後はウォルロンドのほか、メジャー経験のある投手を少なくとも2選手獲得する方針で交渉を進めている。





ウォロンド投球動画←350kって書いてあるところをクリックしたら投球の模様が見えます。




191cm/92kg  左投左打  投手


メジャー成績
2008  10回 1/3 四死球9  12奪三振 防御率6.10
2006  17回 1/3 四死球12  21奪三振  防御率6.23
2003  8回     四死球7  6奪三振  防御率10.23


マイナー成績
2008  122回 四死球47  119奪三振     6勝9敗





まだ、情報はここまでですが、動画を見てみるとそんなに直球が速いとは思えない。
制球が荒い。まぁ、実際に日本に来ないとこれに関しては何とも言えないが・・
ただ、カーブがとてもよく、奪三振数も多い。テイクバックも小さい。
メジャーでも奪三振率が高く、好印象。
中継ぎ・先発2つとも経験しているので使い勝手はいいかも。基本は先発でしょうが・・

32才だが、成績は年をとってからのほうが良くなっている。
まぁ、問題は日本の球・マウンドへの順応性でしょう。

黒人選手は「セドリック」や「ウッズ」、「クルーン」、「ホセロ」などの、いい選手のイメージが強い。
ウォルランド投手の活躍に期待します。
 







人気ブログランキング <<ポチッと宜しくお願いします。>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。